スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
<< Fuji Rock Festival '06 | トップ | R・ウィリアムズ >>
区民の会
八重山旅行記の前に…

八重山諸島から帰ってきたその夕方、スイス関係で知り合ったひーちゃん☆と会うことになっていました。
ダンナさんがまるちゃんと同じスイスの人で、しかも同じ区に住んでいる…ってことでお近づきになり、メールでもとっても明るくて楽しそうなひーちゃん☆
同じ駅を利用していることも判明し、休日にはうちの両親と同じようなことをしていることも分かり(年は全く違うよ)、勝手に親近感を持ってしまったので、会ってもらいました。

待ち合わせ場所にまるちゃんと行ってみると、どこにもスイス人らしき人はいないので、さっぱり分からずとりあえずまるちゃんと二人で立ってみました。でもまるちゃん、ちっちゃいし…体格は日本人っぽいし…分からなかったらどうしよう…なんて心配をよそに、スラっと美人のひーちゃんがまるちゃんのスイス臭に吸い寄せられたのか、すぐに私達を見つけてくれました。

ひーちゃんのダンナさんは遅れてくるとのことで、3人でミスド向かいの居酒屋へ直行。もちろん日本語が話せないまるちゃんの為に、フランス語が話せないひーちゃんと私の為に、ドイツ語が話せないまるちゃんと私の為に、会話は全て英語。
ひーちゃんの「〜ね」英語に癒されていた私です。

しばらく3人でビールを飲みながら美味しいご飯で幸せに浸っていたら、すっごいノッポのダンナさんが登場しました。
同じスイス人でもこんなに違うんだぁ…と二人を比べてみるのはちょっと面白かった。なのに二人とも名前は「まるちゃん」。
てか、ひーちゃん、あのスラっとしたダンナさんに「まるちゃん」は無いでしょう。

ひーちゃんもダンナさんもスラっと美しいのに対し、私達はちっちゃくて丸々してて…まるで子供のようでした。
でも飲む量だけは負けないぞ!
ってな具合で、ひーちゃん夫婦のハイペースに頑張って付いていってみたけど、やっぱり酔っ払いでした、私。ごめんなさい。

4人揃っても共通言語は英語。
スイスのドイツ語圏出身のひーちゃんのダンナさんは、学校でフランス語を習っていたけど全く覚えていないそう。(私のフランス語の方が上手いのか!?…そりゃ無いね)
スイスのフランス語圏出身のまるちゃんは、学校でドイツ語を習っていたし、まる母はドイツ語圏の出身だし、6歳の時に1年ぐらいドイツ語圏のまる母の実家に住んでいたくせに…全くドイツ語は話せません。

そんな共通言語が外国語のスイス人二人と日本人二人は自分達の母語じゃなくせにペラペラペラペラと話し続けました。
そんな中で印象に残っているのは…

まるちゃんとまるちゃん、兵役で同じ部隊(?)に所属しているらしく、
「○○行った?」
「行った行った!何にも無いんだよね、あそこ。△△は行ったことある?」
「あるある!山だけ。何もないんだよね、そこ。」
「ぼく今度は□□に行くんだ。行ったことある?」
「あるよ〜。何にもないんだよ、そこ。」

てな感じで二人で盛り上がってました。
兵役が大嫌いで、普段は兵役について話してくれない我が家のまるちゃんが楽しそうに兵役話をしていたのが印象的でした。何もないんだけどね。

そしてひーちゃんのダンナさんと私が白熱していたのが、「スイスのジャガイモは何日もつか」について。
私の理論では2日。買ってから二日も経つと、すぐに芽が出てくるのです。日本のジャガイモは1ヶ月もつのに。
ダンナさんの理論では一ヶ月以上。スイスのジャガイモは日本のものより、日持ちするし美味しい!とのこと。

私が聞いた話では、スイスは食糧を備蓄しているので、新鮮な食料を備蓄して、古くなった順に市場に出していると。小麦粉も新鮮じゃないからスイスのパンは美味しくないんだ…ということ。
そんな話をダンナさんにしてみたら猛反撃されちゃいました。笑
結局、どっちも譲らずに話は終わってしまいました。

後日、うちの母にその話をしたら
「すぐに芽が出るジャガイモは、何も薬を塗られていない安全なジャガイモ。1ヶ月ももつジャガイモは、表面に芽がでない薬を塗られているから、危ない」ということを言ってました。
ってことはダンナさんも私も、自分の国では危ないジャガイモを食べていたのね…

そうそう、話はどんどんそれちゃうけど…
この間、こっちでジャガイモを買って、早速何日もつだろう…と試してみたところ。
買ってから二日後に、芽が出る前に芋がしおれちゃいました。天気のせいかな?

話を戻して…
他にもなんとまるちゃんは10年前からひーちゃんたちの会社のお得意さんだったことも判明。
お皿も服も、ご飯もみんなひーちゃん夫妻のお陰でキレイに、美味しく頂いてます。ありがとう。

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、ひーちゃん夫妻は翌日仕事だって言うのに遅くまで付き合ってくれました。
本当に楽しい夜でした。ありがとう、ひーちゃん☆まるちゃん。

次に会うときは、共通言語は日本語で!!
がんばれまるちゃん!(うちの)
東京生活 | 18:49 | comments(3) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 18:49 | - | -
コメント
人のつながりって面白いなあ。
それにしても同じ国の人なのに
言葉が通じないって不思議な感じ。
| maya | 2006/08/10 10:25 AM |

こちらこそ楽しいひとときを過ごさせてもらいましたよ。

私のドベタEnglishに「癒された」なんて、
はずかしいわ、ぽ。

ジモティー同士ののみだと、帰りの足を心配しないでいいから気楽でいいね。心のブレーキなんてかかるわけもなくぐびぐびっと思う存分オチャケも楽しくいただきました、ほほ(^ ^

きょちゃんとまるちゃんは、八重山諸島から帰ったその日に私たちと会ってくれたんだよね。どうもありがと☆しっかし体力あるな。
若いってスバラシイ〜〜。うらやましいよ。

それにしても、じゃがいも論議は、意外な結末!
1ヶ月芽が出ないじゃがいもを食していることを誇らしく語ったMyダンナは、実はダメダメじゃん☆て話でしたね、ぷぷぷ(^m^)
いや〜でもこわいっ。これからは今まで以上に芽の部分をよ〜くとらなくちゃ!

え〜毎度弊社製品をお買い上げいただきまして、
こちらこそどうもありがとうございますです<(_ _)>
お客様のおかげで、ウチは今日もゴハンにありつけまする〜。
どうぞこれからも、弊社製品、ひーちゃん夫婦ともどもよろしくおねがいします☆

| ひーちゃん☆ | 2006/08/10 1:18 PM |

maya
不思議だよね、スイス人。
mayaんちの近所の公園で休日に散歩してるのっぽの外人と日本人カップルを見たら、ひーちゃんたちだよ。声かけてみて♪

ひーちゃん☆
体力だけはあるのです。まるちゃんなんて私以上にあるのです…これ兵役のおかげらしい。うちのまるちゃん、ひーちゃんと同じじゃない…ひーちゃんだって若いじゃないの。
ダンナさんも私も、これからは安全なジャガイモを選ばなくちゃね。と、いう教訓になりました。

それじゃあ、また地元かスイスかドイツで!
ジュネーブにお越しの際はもちろん例のツアーで!
| きょ | 2006/08/10 3:39 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://maru2suisse.jugem.jp/trackback/135