スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
<< Le repas de noces | トップ | 森猫一家の東京散策 >>
Le chateau de Chillon
披露宴の翌々日に両親とまるちゃんの4人でジュネーブから車で1時間ちょっとのシヨン城に行ってきました。

レマン湖沿いにあるこのお城、昔、詩人のバイロンや作家、M・シェリーたちが一緒に滞在していたそうで、そこであの「フランケンシュタイン」が生まれたそうです。

地下には牢獄や処刑室などがあり、冬の曇り空の下ではかなり不気味でした。

地下牢の柱にはバイロンが名前を彫っていました。若いことしてたのね…

見えますか?

今回は何か所か工事かなにかをしていて、見れなかったので、また暖かくなったら行きたいなぁと、思います。
寒い日にはもういきたくない…足の小指の感覚がなくなる寒さだったんだもん。


観光 | 19:23 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 19:23 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://maru2suisse.jugem.jp/trackback/14