スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
<< i Ven amigo ! - cuatro | トップ | i Ven amigo ! - seis >>
i Ven amigo ! - cinco
3日目。

朝6時半にベッドにもぐった途端に隣の部屋から2歳の娘の泣き声が聞こえてきます。
Maman, I don't wanna sleep!
「うるさ〜い」と唸っていると、隣のベッドのまるちゃんからはイビキが…
「だ〜ま〜れ〜」と唸ってみるとイビキは止まったので、隣の部屋の泣き声は無視して寝ました。

朝8時半、隣の部屋の2歳の娘が
Daddy, hola, que tal?
と何度も何度も叫んでます。

まるちゃんと二人で
「うるさ〜い!」と叫んでまた眠りにつきました。

午後1時半に目が覚め、シャワーを浴びて窓の外を見てみると、カラッと晴れていました。


しかも暑そう!

この日の予定は、スペインの実家に帰省中のまる友4の両親が、まる友4を車で迎えに来る。
その後残ったスイス組がホセの両親宅に行き、晩ご飯を食べる。
ってな感じの、適当な予定でした。

隣の部屋のまる友1一家が散歩に出掛けていて、別の階にいるまる友3、4が下のバーのテラス(ホテル前の歩道ともいう)で飲んでいたので、その飲み組に加わることに。

2時間ぐらい経った頃、まる友4の両親と大叔母さんが車で迎えにやってきました。
いつもは周りのみんなに気を配り、とっても大人なまる友4だけど、お母さんにかかったらただの男の子でした。スーツのたたみ方、もち方を直されてました。

まる友4親子が去ったので、みんなでホセ両親宅に向かいました。
行ってみるとホセのお母さん、おばさん、イトコたち、従弟の彼女…10人ぐらいがダラダラと披露宴会場のテントの中でおしゃべり中でした。

「え!?まさか…食事って家じゃなくてもしかしてあのテントの中?」という予想通り、みんなでテントに入り、おしゃべり開始。


すっからかんのテントの中。

ホセの従弟、その彼女(日本語勉強中)、まるちゃん、まる友たちとオリーブとチョリソーをツマミに、ビールや水を飲みつつおしゃべり。
途中、あまりにも眠いので椅子を並べて簡易ベッドで昼寝。
目が覚めると、まるちゃんがホセの従弟達に心理テストをやらされてました。
まるちゃんの大切なものは、
お金>セックス>愛>自分
なんだって。

5時ごろホセが起きて、テントにやってきました。
しばらくみんなで喋っていると、生ハムが登場♪
生ハム、チョリソー、オリーブとビールに囲まれ極楽気分でいたら、6時ごろサンドラが起きてやってきました。
丁度いいときにやって来てくれた♪ってことで、サンドラにお願いしてホセ両親宅のトイレを使わせてもらいました。

用事を済ませ、またまたみんなでお喋りしていると…

10時ごろ、やっとこみんなで食事の準備が始まりました。
出てきたのは前日の残りであろう、大量のエビとパン。

まるちゃんも私も大喜びで食らいつきました。
ホセなんて大皿に載ってる大量のエビを鷲掴みして、自分の皿に載せてました。

またまたまるちゃんが残しているエビの頭をもらい、更にはまる友3が残しているエビの頭までもらって気分は極楽♪
まる友3とまるちゃんに「頭を食べるなんて…日本人はオカシイ」
と罵られていたけど、ホセに聞いたらスペインでもエビの頭を食べるそうな。

やっぱりスイス人は海のことを知らないんだ。魚介類で日本人をバカにしようなんて100年早い!ってなもんよ。

ひたすらエビとパンを食べ続け、翌朝早いので(10時半にホテルを出発)、12時にホセ両親宅からホテルに戻りました。
旅行 | 23:12 | comments(5) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 23:12 | - | -
コメント
お金>セックス>愛>自分

なんだこれ。ウケる。
どこの国でも心理ゲームってあるんだね。
| maya | 2006/08/29 11:16 AM |

空が綺麗だなあ。
日本人だけど海老の頭は食べないよ。
| kana | 2006/08/29 1:57 PM |

maya
ね、心理ゲームは万国共通なんだな。と思った。
けどよく考えたら、日本人の親友がいるっていう彼女が、その日本人から教えられたのかも…とも思う。

kanaちゃん
食べてみ、美味しいよ♪
もしかしてカニ味噌嫌い?
| きょ | 2006/08/29 5:25 PM |

かにみそは好き!おいしいよね!!!!
| kana | 2006/08/30 6:03 PM |

かに味噌好きならエビも美味いよ!
食べてみ♪
| きょ | 2006/08/31 12:10 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://maru2suisse.jugem.jp/trackback/142