スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
<< Knie Zoo | トップ | まるちゃんの兵役 >>
まるちゃんの妹
料理上手で優しいまるちゃんの妹。
会うと、3回に1回はご機嫌斜め。

彼女の誕生日にみんなでレストランに行き♪Happy birthday to you〜♪と歌おうとすると、とっても怒ります。
先日、私の誕生日のために一ヶ月近く遅れてレストランに行ったら、♪Happy birthday to you〜♪と一人で大きな声で歌ってくれました。

そのレストランでの待ち合わせ時間は7時半。
彼女は珍しく、ちょっと遅れて7時45分に来ました。来た途端に超不機嫌でした。原因は道に迷って、30分ぐらい歩いたから。
「レストランの場所をちゃんと教えなかったまるちゃんが悪い!」ってことらしいです。レストランのある通りの名前をちゃんと教えたし、その通りは300メートルぐらいしかないんだけど…
まるちゃん一家が「あら〜かわいそうに」「何注文する?これなんかどう?」etc.と、とんでもなく気を遣ってました。私はそんな風に気を遣っているまるちゃんの足を蹴飛ばしたくなりました。

日曜日はまるちゃん両親宅でお昼ご飯をご馳走になりました。
午後はみんなでMONOPOLYスイス版をやりました。
実は私には生まれて初めてのMonopolyでした。
よく分からないのでまるちゃんやまる母にルールを教えてもらいながら。

まるちゃんの妹は「私が銀行!」と張り切って銀行役をやってくれました。
ゲームでは1コマ、2コマずつしか進まず、だんだんイライラしてる模様。
しかもどんどんお金がなくなってきて、声が荒くなってきました。
私とまるちゃん両親が金持ちになって喜んでいると、隣で「どーせ私は貧乏人」といじけだし、その隣のまる父の持っている家を勝手に盗んだり、銀行からお金をくすねたり、ホテル代を払わなかったり…と不当な手を使い出しました。
なのでルールが分からないのをいいことに、まるちゃんに「どうして彼女はこういうことができるの?」と質問しました。
すると「Bad Looserだからだよ」と教えてくれました。
結局その不当な手は認められず、彼女は破産して不機嫌になってました。

あ、ついでに大金持ちになってみんなを破産に追い込んだのは、この私♪
初めてってのはいいもんだ。もう二度とMonopolyはやらないぞ。

2週間ぐらい前にまる両親が旅行に行って留守の間、まる妹は両親宅で留守番をしてました。泥棒が入らないように。
その間、私とまるちゃんは二人でバーベキューをしに、両親宅に行きました。
「今から行くね」と11時ごろ電話したら、その電話で彼女を起こしてしまったらしく、両親宅に着いたらやっぱり不機嫌。
彼女が不機嫌な日は、私はひたすら無言。話しかけて気を遣うのもバカらしいから、なるべく関わらないようにしてます。
だんだん機嫌も直ってきたみたいだから、ちょっとずつ話し始め、みんなでお昼ご飯を食べる準備を始めました。すると
「C'est moi qui controle!( 私が仕切るの) 」
と、言い出し、私たちの提案を無視して自分の思い通りに仕切りだします。
もう小学生じゃないんだから…とあきれながら、こんな時は私は私のしたいように勝手に動きます。

彼女の誕生日週間は一週間、この調子です。
下手すると二週目もこの調子なので「もう誕生日過ぎたじゃん」とまるちゃんと私が教えてあげます。

そんなまるちゃんの妹、普段は天使のように優しく、他人を敬います。そして私はとっても頼りにしてます。「髪がパサパサするならこのシャンプーがいいよ」とか、薬剤師なので怪我したときには薬を持ってきて手当てをしてくれます。まるちゃんと違って、私の下手なフランス語を一生懸命聞いてくれて、理解しようとしてくれます。
まるちゃんじゃ全く頼りにならないことを色々教えてくれます。
彼女が作るラザニアは最高に美味しいです。

どこかにステキな人はいないかなぁ…
ぐちぐちぐち | 14:44 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 14:44 | - | -
コメント
うむ、この日記を読む限りでは
妹がいいヤツなのかやなヤツなのかわからん。笑
俺、機嫌の良い悪いでそんなに変わっちゃうような
子供っぽい人は嫌だけどなぁ。
| maya | 2006/09/27 10:08 AM |

会えば、絶対にいいヤツだって思うよ。

まるちゃん一家もあまり気を遣わない方が彼女にとっても気が楽なんじゃない?って思うんだよね。放っておけば自然と元に戻る…と。
ついでにしょっちゅう会うとそれだけ機嫌の悪い日が増えるから、1ヶ月に2〜3回が丁度いいし、私の生理前にはできるだけ会わないようにしてる。
| きょ | 2006/09/27 2:58 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://maru2suisse.jugem.jp/trackback/153