スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
<< 婦人科産科検診 4回目 | トップ | Make it happen... >>
Make it happen. Edinburgh's Hogmanay
12月31日から2泊3日でスコットランドの首都、エディンバラに行ってきました。

日本から友達がHogmanayという年越しイベントのためにやって来る!
というので、じゃぁ、私たちもご一緒させて♪
ってことで、8月からちまちまと計画を立てていました。

飛行機は何だかんだと一番安いeasyjetをちょちょいと予約できたのですが、ホテルが見つからず大変でした。
まるちゃんの仕事の関係で、私たちは2泊しかできないのに、エディンバラのホテルは全て3泊以上しか受け付けてくれず。しかも高い!仕方がないので、3泊分で一番安いB&B予約。一泊分ムダにしちゃうけど、easyjetなので予約変更もできない…せめて私だけでも、帰りの飛行機は一日延ばしておくんだったなぁ。

年越しのメインイベントらしい、Royal Bank Street Partyのチケット(GBP5×2)もインターネットとまるちゃんのカードでちょちょいと入手。

その後、妊娠が発覚して医者に「行って良し」と許可をもらい、12月31日の13時ちょっとすぎのeasyjetが1時間ほど遅れたけど、ひょいっとジュネーブからエディンバラまで飛んで行きました。

エディンバラ空港に着いたら、何とな〜く潮の香りがしてきて、私は大興奮!やっぱり山より海!雨降りでとんでもない強風だったけど、1℃のジュネーブから来た私には、8℃のエディンバラはとっても暖かかったです。コートも着ずに、しばらく歩いてました。

飛行機が1時間遅れたため、友達との待ち合わせに間に合わないので、タクシーでB&Bまで行き、チェックインの紙に記入しているとレセプションのお兄ちゃんがまるちゃんに「フランス人?」と聞いてきたので「スイス・フレンチだよ」と答えたら
「なんだ!じゃ、フランス語で話せるね」となり、せっかくフランス語から逃れられたのに、エディンバラでもフランス語漬けになるのか…とちょっと不安になりました。
結局、チェックインは全てフランス語でまるちゃんが済ませ、街に行くにはどうすればいいのか?とか色々フランス語で聞いてました。
レセプションのお兄ちゃんは、パリっ子でした。彼のフランス語はとっても解りやすく、やっぱり私には「フランス人」のフランス語が良いんだなと改めて思いました。大抵、スイス人の方が解りやすいらしいんだけど…どうも私には聞き取れない。

B&Bから待ち合わせ場所は、直進のみで2キロぐらいだったので、歩いてみました。
とんでもなく風が強かったけど、やっぱり暖かくて過ごしやすい!なんて言ってたら、雨が降ってきて、待ち合わせ場所に着いたときにはかなり疲れちゃいました。

しばらく待っていたら、友達の友達がやってきて、友達は具合が悪くてホテルで休んでる。とのこと。一緒にホテルに行き、頼んでいた「ゆずのど飴」のほか、カルシウムたっぷりのお菓子を山ほどもらい、友達を置いて、友達の友達と3人でご飯を食べに街に出ました。

インド料理屋に入り、「フランスのインドレストランより美味しい!」と私一人で大喜びして、食事を終えて外に出ると、どしゃ降りの雨!しかも風も相変わらず強い…
こんなんでStreet Partyなんてできるのか?と、不安になり、Street Partyの入り口にいた係員に聞いてみたら
「まだ分からないんだよ。でも多分無理だろうねぇ…」
と、教えてくれました。とんでもなく混むと聞いていたので、私はどっちにしても12時前にはB&Bに一人で戻る予定だったし、こんな雨と風の中、外には居られない…と思っていたので「どーか中止になりますように☆」と密かに願っていました。

その後、3人でパブに入り、まるちゃんと友達の友達はギネス、私はコーラを飲んで喋っていると、横のテーブルで飲んでいたスコットランド人の団体がテレビを見ながら騒ぎ出しました。見てみると…
"Edinburgh cancels Street Party"の文字が。しかもBBCのBreaking Newsとして扱われていました。エディンバラのStreet Party会場から中継で、レポーターが風に飛ばされそうになりながら話していました。日本の台風中継みたいな感じで。

結局、パーティーは中止になってしまったので、10時半ごろ友達の友達はホテルに戻り、まるちゃんと私はウィスキーと水でもうちょいパブに留まってました。
11時ごろパブを出ると、雨はすっかり止み、生ぬるい強風のみでした。酔っ払ったまるちゃんのせいで道に迷い、B&Bに帰りたいのにエディンバラ城にたどり着き、きれいだねぇ…とうっとり。
いい加減、疲れてきたのでまたB&Bまで2キロほどトボトボと歩いて帰りました。
歩いていると、年が明けたらしく街の方から花火の音だけが聞こえてきました。建物の窓にたまに映る花火を見ながら、まるちゃんは「た〜まや〜」なんて叫び、私は花火を見たくてあちこち歩き回ってました。が、結局見れず…
道中、すれ違う酔っ払いたちと新年の挨拶をしながら、B&Bに着きました。
ジュネーブじゃ挨拶してくれる酔っ払いなんていないから、なんだか楽しかったです。


Street Party入り口。
なんかこの蛍光のPOLICEが懐かしい。


道を間違えてたどり着いたエディンバラ城。
これは夜11時40分頃。年越しをここで迎えたいのか、続々と人が集まってました。
私が疲れてて眠いから、さっさと帰っちゃったけど、花火が見れるのなら残っていればよかったなぁ…
旅行 | 01:59 | comments(6) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 01:59 | - | -
コメント
うほー!スコットランドだって。羨ましい。
楽しそうな生活してるなあ。
でもRoyal Bank Street Partyってなんだー!!
素人にもわかりやすく説明しろー!!
| maya | 2007/01/09 2:56 PM |

私もよく分からないんだよね。キャンセルだったから…
ストリートでパーティなんだけど、実はチケットを買わなくちゃこの道に入れないってだけだと思う。
Royal Bankってのはスポンサー名。
| きょ | 2007/01/09 4:24 PM |

日本からせっかくいったのにお友達かわいそう!
エジンバラは楽しめたのだろうか。。。
きょちゃんは元気そうでよかったです。
| nory | 2007/01/09 4:34 PM |

ねぇ。ビールも飲めずにかわいそうだったよ。
でもあの嵐じゃ、キャンセルになって本当に良かった!と、私は彼女の呪いに感謝してるよ。
| きょ | 2007/01/09 5:03 PM |

私も8年前(大昔じゃん!!)の年越しでエジンバラに行きました。マクドナルドのトレイマットで作ったfakeのチケットで入場しました。時効。
すんごいcrazyな年越しだったなあ。
あたしも行きたいよ!!!
| ゆーこ | 2007/01/09 10:38 PM |

爆笑しちゃったじゃんか!
あれってやっぱり単に路上で騒ぎましょうってだけなの?私も大騒ぎしたかったなぁ…
ま、今回は嵐だろうとなんだろうと私は無理だったから、私一人だけすっきりしてるよ。
| きょ | 2007/01/10 1:42 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://maru2suisse.jugem.jp/trackback/176