スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
<< Une autre soiree avec 従弟 | トップ | ジュネーブの週末 >>
新クラス
クラスを変えて一週間が経ちました。

文法や語彙のレベルはばっちり合っていると思います。


が、みんなで先生の話すことを一々繰り返す…そんなやり方にイラついています。たとえば"Je m'appelle Kumiko."というのを練習する時、
先生:Je
生徒たち:Je
先生:m'
生徒たち:m'
先生:appelle
生徒たち:applle
先生:Ku
生徒たち:Ku



と続くわけです。発音の練習にはとてもいいのかもしれないけど、子供みたいでイラつくのです。

もっと大人っぽい授業がいいの…

あ、大人っぽいっていっても従弟との(夢の中の)個人レッスンみたいなのじゃなくてね。


新しいクラスは、オーストリア、トルコの母、アメリカ、ベラルーシ×2、イギリス美少女、愛しのポーランド、アルゼンチン、ブラジル、日本×2ってな構成です。あ、もう一人いるけど、どうしても彼女の国がどこなのか分からない…本人に「どこにあるの?」とまで訊いたのに分からない。まるちゃんに訊いても分からない。

英語を話す人達は、休み時間も英語で話しています。
そんな状況にもちょいと不満。
とかいいつつ、私はもう一人の日本人と二人だけで話す時は日本語を話しちゃうんだけど…
彼女は私に日本語やら、フランス語やら、英語やらで話してきます。なんでわざわざ英語なの?って、笑っちゃいました。


でもってやっぱり語学は話す!話す!話す!でなければ上達しませんね。
休み時間は英語を話す人達と、休み時間もフランス語で過ごしている人達のレベルはかなり違います。

私も週末にまる妹とフランス語で会話をすると、かなり上達し(た気分になり)、テレビも70%ほど理解できます。が、平日にまるちゃんとずっと英語で話しているとテレビで話していることが30%ぐらいしか理解できません。

やっぱりフランス語で話そうっと。
ふらんすご | 01:59 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 01:59 | - | -
コメント
やっぱ語学上達には「恐れずに話す」が鉄則でしょう。実は私にはそれができないんだけど。
私の場合は、ずばりシタゴコロ。簡単に言えば、アイドルとか男とかでモチベーションはぐんぐん上がります。アドバイスとしては私んとこのぐっちゃんやお宅のまるちゃん、ではなく、手が届きそうでない目標を定めることです。

いいのがいるじゃないですかあ、お宅のい・と・こ!!
| ゆーこ | 2006/03/11 3:37 PM |

おお!いい目標がいたねぇ!
でも彼を目標にすると、ドイツ語がペラペラになっちゃうけどいっか。あぁでも手は届かないのね…

分かり易いアドバイスをありがとう。
| きょ | 2006/03/12 12:30 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://maru2suisse.jugem.jp/trackback/60